someoriコラボ鞄、特注制作の話(なおさま2)

ソメオリコラボ鞄

前回の続きの話。今回の客注、someoriyoshidaさんブログに記述されてますがA4タテでマチ7cmの鞄が欲しいとのこと。しかも、又近日アトリエに再度打ち合わせに来られるとのことで急いで作りましたよ、トワル型。

う~~ん、自立しないけどいいのだろうか(マチが薄すぎて)。客の要望だしな。・・と思っていたのですが。しかし、衝撃の展開を見せるのです。この型。

お客様アトリエ到着開口一番、「実は、横長に変更したい」といわれた由。。

え~~!!本番製図引いてないから未だ良かったものの。

・・・皆さん!人に仕事頼むときは、自分がどうしたいか頭の中で充分検討してからにしましょう(あえていう)。

ま、オーダーする時に、お客様があれやこれやといろいろ悩むのは分かるけど~。今時は「誂え」って皆慣れてないから、作る側が「どの作業」にどれくらい労力をかけているのかが見えにくいんだろうね。実は、仕立てること自体はどうってことないです。ある程度決まってしまえば。。この「決める」のところが大変。

型作るのを今私は毎回気軽にやってますが、それなりに時間かかる。。というか、普通、こんな大変なことはやったりしない。我乍ら儲からんことばかりやってるなとも思う・・作り手の性ですかねー。

今時次々とメーカー潰れてるのは、この型起す膨大な労力とコストを全部生産者側が負担してるから。結局数作らないと、その分を回収出来ない・・ソメオリさんとのこのコラボも、まぁ普通ありえないような贅沢なことをやっちゃおうという話。相手がソメオリさんだからやれる・・という感じかな。

と、珍しく営業的にはマイナスにもなるな~ということを書いてみた。

とはいえ、作るのはいくらでも作るのです。やれるし。ということで、頂いた寸法を元に再作成。

う~ん、なんだかバランスがどうも横に間延びした感じで気に入らない(笑)。若干変更しても良いかを問い合わせたらOK戴いたので、ありがたい。

そして作り直したのがこちら。

ソメオリコラボ鞄

お。意外と可愛い感じ。布になるとこの角は出ないので丸っこくなりそうですが、何とかまとまりそうなところにやっと辿り着きました。

 

 

zembayashiをフォローする
服飾作家ぜんばやしの贅沢な自給自足的生活

コメント