自分で出来るまとめ髪「夜会巻の仕方」をしました(京女風ふだん着物着こなし講座2・雪柳庵)

夜会巻 ふだんきもの

連日暑い~ 一日が飛ぶように過ぎていく。。全然畑に行けないぞ(汗)。

とか言っている間に、イベント開催日到来。
昨日は、特に宣伝もせず募集定員に達してしまった「ふだん着物着こなし講座」二回目の日。そちらでの開催報告です。

参加申込者に「着物を着た時にロングヘアをどうまとめたらいいかを教えて欲しい」という御題を戴いていたので、今回はそれがテーマ。

昨日は15歳の方も参加されてましたが、基本この講座は中年向き企画です(主催の我々と同世代向けの講座)。

歳とって長い髪だらっと下げて着物って・・かなりハードル高い。
どうも怖い感じになりがちやわ、やっぱし。
中年になると現実的・客観的に考えて帯はお太鼓結び以外は厳しくなるのと同じように、ロングヘアは簡単にでもアップしてまとめておきたい。

ふだん着物の時に、わざわざ美容室に行く時間とお金を使うのもね~。じゃ、どうすりゃいいの、ということでの「簡単夜会巻」のレクチャーとなりました(式典参加される時は美容室行ってくださいね)。

夜会巻にするのには、一度カーラーで巻き上げてから又解いてまとめるということをはじめて知りました~私。使うグッズはナチュラリー系とは真反対の世界ですな。ケープ必須。後れ毛が素敵なのは生活感無い(超お金持ちの)人達なのよ、っていう話がなんとも言えません。。

グッズはこんな感じ。

今回も純恵先生レクチャー。凄い手際良く巻き巻き。この上から速乾性のセットローションを霧吹いていくわけ。

一通り巻き終わり。流石速乾性。巻き終わったらもうすぐ外していいようです。絡まらないように下のカーラーから解く。

あとは髪を分割して襟足からまとめていくのです(講座内容なので記述割愛・笑)。

夜会巻

出来上がりはこんな感じ。先に頭まとめておいてから、着物着たほうが汚す心配も無くて安心。

普段からひっつめにして後ろに引っ張ってると、マジ前髪際が後退(汗)するから注意せよ、という話がなんとも言えませんわ。。色んな実例知ってる人の話は説得力あるわ~~

で、あとは各自着付けをしつつ、随時横で着方・着崩れの直し方を教えてもらいました。ということで、今回も実際的なすぐ使える話満載で講座は終了。
次回3回目は9月14日(金)を予定してます。
(講座参加者さんの為に、これから記録画像・動画の編集や~~)

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました