8/16(日)10:00~「ユニクロでいいや」ではない人のために、インスタライブをします。(染織吉田・吉田美保子さんインスタ アカウント)

なんのこっちゃ。というタイトルですが。
この数ヶ月でいろんな事が劇的に変化したと思うんですよ。

例えば消費行動。服とか。テレワークで人と会わないし。

・・まぁ取り敢えずは買わなくてもいいや。となるよね、当然。

百貨店とか売れてない売れてないって言ってるけど、そりゃそうやろ。と思う。単純に、特に必要ないものがハッキリしてきただけだと思う。

今まではネットを使って買い物とかって、まぁ特殊だったと思うんですよ。ところが、こっちがメインに切替わった。仕方ない、リアルに人と会っちゃいけないんだし。感染リスク考えるとオンラインショッピング利用になる。

ユニクロは売れてるらしい。

コスパ的に納得できる品質、利便性、考えるとその選択になるよね。

しかし、、身の回りのものが全部ユニクロ(的な計算づくで作られたモノ)だけになるって、やっぱりどうも私は駄目な方でして。別にユニクロを否定してる訳じゃないんですが。

そういうものだけに囲まれた人生。って一体?
と思う。こだわりというと何か嫌な感じだけど、自ら画一化された生活を送る必要はあるまい・・

最近、文化ってなんだろう。って思うんですよ。

美しいということを追いかけて生きてきた訳ですが、今だからこそやり始められることがあるな、と思って。

ネットがデフォルトになって、ぐっと使っていただくお客さんとの距離を短くできる世の中になった。
この記事を読んで、これは大きく変わっていくな〜と。

4割が廃業危機「伝統工芸職人」の新しい突破口 | スタートアップ
年内に4割の事業者が廃業する恐れがある――。伝統工芸品の企画販売を手掛ける、和える(東京・品川区)の調査によると、伝統産業に携わる全国の367事業者のうち、2020年4月の売り上げが前年同月比50%以上減少し…

伝統工芸の世界の4割が近いうちに廃業しそうであるが、いち早くビデオ会議システムzoomを使って商品説明を職人がするというイベントを行っている店が売上を伸ばしているという記事。

作り手がつかっていただくお客さんに直接、商品について語るのが普通の世の中になっていくと思うのよね。

当然沢山作れないものは単価が高くなるし、もうそれぞれの価値を評価してくれる人に直接提供する世の中になるんじゃないかと。

まずは提供側に居る人が、「私はこういうものをこういう人に届けたいと思っています」と分かりやすい形で表現できるようにならないといけない世の中になりました。

別に興味がない人に話しかけても仕方がないかな〜 とも思うのです。

で。ユニクロでいいや。という人は別にいいと思うし。

ユニクロだけじゃなんか物足りないのよね。という人に、話しかけて行きたいな〜 と思ってます。

そういうスタンスで、これからやろうとしていることを、語っていこうと思ってます。

そこで最近一緒に発信させていただいている染織作家の吉田美保子さんのインスタアカウントにて、8/16(日)10:00からライブを行うことになりました。

次の週の8/23のsomeoriお茶会-FBライブの予告もちょろっと交えつつ、今感じていることを思うままお話させていただこうと思ってます。

8/16の10時に吉田美保子さんのアカウント(下記引用)に、ぜひアクセスしてみてくださいね。

染織吉田インスタ(吉田美保子アカウント)→https://www.instagram.com/someori_yoshida/