京都発自給自足的シンプルライフ入門

zisoku.comは2011.3.11の震災を契機に、世の中の仕組みの問題点に気がついた人のためのサイトです


シンプルで質の良い服を厳選して持ち、無駄なく素敵なお洒落な人になりたい。

今はそう考える人も、多いのではないでしょうか。
沢山持っていても、結局毎日着る服は大体一緒(笑)。気分転換に安物を沢山買っても、すぐ飽きる。コスパを考えた時に一番得なのはどんな服なのか?・・を考えると、以下の二つになるのではないでしょうか。

・プロが作った、素材と仕立ての良いシンプルなデザインの服を大事に使う
・高級布素材を必要量だけ買い、時間をかけて自作する(古着のリメイク含)

急速に「フォーマル」と「カジュアル」の境目がなくなりつつある現代。逆に全てが均質化して、お洒落と言うものが難しくなりました。
何故日本人なのに、洋服を着ているのか?という疑念もずっとあるのですが、子供のときから洋服で育った世代ゆえに江戸時代に確立した形式の「着物」を普段着て働くというのもなかなか大変。衣服は生活スタイルと密着しているものなので、現代建築の中でマッチする衣服・日本の多湿な気候に合う衣服というものが求められていくと思っています。
そんな中、今、「着物」と洋服の融合ができないかと模索中です。

洋服企画を2015年8月から始めました。

ずっと昔から友人から洋服は作らないのかとよく言われ続けていたのですが、ファストファッションが巷に溢れる中断り続けていました。普通に考えると、とても勝てず採算合わないと思ったからです。

自分が作るのなら、質の高い日本の織メーカーの布地を使いたい。
今や生産現場の海外移転が本格化する中、私のような個人でも織メーカーの布地を着分で買える時代(ホビー系の布地屋の布地と業者向けの布地屋は違います)。京都に移住して染会社とも繋がりが出来たので、凝ったことを小ロットでやれる基盤が急速に自分の周りに出来て来ました。あえて流通に乗せず兼業で細々と作って売れば、皆が手軽に買える値段で提供できるかも・・と考えて、実験的に洋服の企画生産を始めます。洋服の内容は、天然素材を中心としたシンプルなものです。
原糸ヨーロッパ・織日本のリネン布を使った肌にやさしいシャツ・リラックスパンツなど。
商品価格は¥10,000~¥25,000が中心の価格帯になりそうです。

年に一回は発表できるようにしたいと考え中です。

洋服の自作をしたい人には、「洋裁教室コモノ」がオススメ

洋服に一万円以上払うのは無理・・作るのが好きだし、自作したい!という人には洋裁教室で作るというメニューも用意してます。火曜は一回2000円。ネットで検索すると分かりますが、多分京都では最安値でかなりお得

毎週火曜日10:00-12:00子連れ可。見学自由・予約無しでもOK、一回¥2500。月・水~土は完全予約制で10:00-17:00の中で二時間¥3000、3時間¥4500です(2ヶ月期限事前4回分予約チケット・2時間¥10000 3時間¥15000あり)。

千本今出川徒歩3分(千本通・今出川より3本南の笹屋町通東入ル三件目二階)雪柳庵にて実験的にスタート。職業用ミシン・ロックミシンが自由に使えます。革加工の道具も予約戴ければ自由に使用できます。

年末年始・イベント出店など都合により休業のときもありますので、洋裁教室の開講予定に関しては洋裁教室コモノをチェックしてから来ていただけると助かります。

洋裁教室コモノ
洋裁教室コモノ
http://sewingclass.wix.com/kyoto



公開日:
最終更新日:2017/04/06