坊主カフェ・おやこで寺子屋(雪柳庵企画)

坊主カフェ・おやこで寺子屋#001#002#003

現代の日本人にとって、”宗教”は一種タブー化されたもの、ではないでしょうか?

一般的に中年以後世代の日本人の間で、○教を信仰しているという主張を、専門家の方以外から日常的に耳にすることはあまり無いと思います。

学者の娘として育った私が、宗教について今まで教えられたことは基本、宗教全否定。

仏教・神道を問わず、何かの教義をそのまま信仰することは実に盲目的で”非科学的”であり、知的でない人の有り様である。といった考え方でした。

十数年前から、この日本の知識人達にある一定数あると思われる考え方は”科学万能教”と呼んでもいいものではないかと思いはじめました。

この強烈な科学・合理・拝金主義というものが、一体戦後日本にもたらしたものは何だったのか。という事に今、とても興味があります。

日常の中で、何かおぼろげに感じる目に見えない世界と自分との関係性、これが信仰とは何か?に繋がるキーワードのような気がして居ます。

それとは別に、歴史的に支配構造としても機能してきた宗教というシステム。

ここらへんの問題を、”対話”の中から探っていくという知的な場を、月一回実験的に設ける試みをはじめます。

雪柳庵企画・ゼンバヤシ

__________

【坊主カフェ・おやこで寺子屋】

#001 9/29(土)14:00-16:00 仏教ってなに?
#002 10/13(土)9:30-11:00 こども座禅会
#003 11/18(日)10:00-12:00 禅問答って何?

会場:興聖寺 方丈 (京都市上京区堀川通寺之内上ル)*駐輪・駐車に関しては、事前にお問合せ下さい。
料金:大人1,500円 中高生500円 小学生以下無料(保護者同伴時)当日支払
問合せ・申込 雪柳庵 http://yukiyanagian.com
__________

申込方法:以下リンクのフォームからお申込

坊主カフェ・おやこで寺子屋申込フォーム https://ws.formzu.net/dist/S59942337/

坊主カフェQR

*フォーム上手く機能しないときは、大変お手数ですが雪柳庵メールyukiyanagian●gmail.com(●→@)まで連絡を下さい。

 

坊主カフェ・おやこで寺子屋#001#002#003


9/14(金)腰紐三本で着こなす京女風ふだん着物着こなし講座Ⅲ(雪柳庵企画)

京女風ふだん着物着こなし講座3

7月から月一回のペースで行っております「ふだん着物の着こなし講座」の第三回目、開催です!

コンセプトは、初回開催時の予告ページをご覧下さい→「京女風ふだん着物着こなし講座」

よそ行きではなく、「ふだん着物」の着こなしのコツを聞いて練習する会です。
毎日着るのを前提にして居るので、伊達締めも締めませんしクリップも使いません。

各自お持ちの着物一式を持参頂き「要る物」と「要らない物」を選別しながら、どうしたらいいのかを具体的に考えます。

今回は単衣の季節ですので、着物の種類と季節・コーディネートに関してのお話を併せてお伺いしようと考えています。

*過去開催の講座報告:併せてご覧下さいませ。
第一回目(夏着物の種類)
第二回目(自分で出来るまとめ髪)
_____________________

腰紐三本で着こなす、京女風ふだん着物着こなし講座Ⅲ

二〇一八年九月十四日(水)十時~十二時
女性限定 要予約 先着順五名

場所 雪柳庵(京都市上京区笹屋町三丁目365)
料金 千五百円(茶菓子付・当日払い)
持ち物 着付け用着物一式(貸出に関しては予約時相談下さい)

氏名・住所・電話・携帯(ezweb/docomo)以外のメールアドレスを記述の上、yukiyanagian@gmail.comへ申し込み下さい

*当方からのメールは基本、全てPCから送信です。メアドアドレスが携帯電話(ezwebやdocomo)の方、講座受付の返信メールをお届けできません(エラーメールも届かず不着を認識できません)。講座申込は、携帯メール以外のアドレスを明記お願いします

*受付返答は遅くとも2日以内にしております(基本翌日中)。お手数ですが、yukiyanagian@gmail.comからのメール受信可設定をお願いします。

*こちらからの講座受付完了のメール到着をもって、申込み完了とさせていただきます。ご了承くださいませ。
_____________________

講師:板倉賀奈子さんプロフィール

伝統産業・京繡の長艸繡巧房(長艸刺繡)の家に育つ。
大学卒業から着物生活を始め、昔の人と同じ「腰紐三本」を使う着物の着方で結婚後も、妊娠するまで日常的に着物を着る生活を続ける。
現在小学生男子二人を子育てしつつ、家業の広報・小物類の仕立て担当として奔走中。