3/2(金)2018パーマカルチャー&オルタナティブ京都案内・開催(中京区・明倫自治会館)


皆さんは「パーマカルチャー」という言葉をご存知でしょうか?

もともとはパーマネントとアグリカルチャーを組み合わせ「永続する農業」という意味を持たせた造語ということですが、最近は発展して「永続的文化」という意味を表す言葉として社会的認知を得ているようです。

第二次世界大戦後70年あまりの間に一般的になった便利さ・物質的量があることを「豊かさ」とする価値観。2011年3月11日の東日本大震災・福島原発事故を契機に、この価値観で今後、生きていくのは難しいということに気がついた人は多いのではないでしょうか。

実際石油供給のピークはすでに過ぎているそうで、ヨーロッパ各国ではエネルギー政策を再生可能エネルギー利用に向けて転換、着々と準備をすすめているようです。日本の現状は大分遅れを取っている様に見えますが、そういう中で普段の生活の中でまず自分自身が出来る事は何か?

そこのところに興味がある人に、具体的に「今出来る事」や情報の集まっている「京都で面白い場所」を今回講座でお話しします。

タイトルにさせてもらった「オルタナティブ」は元々は音楽用語ですが、「もう1つの選択」という意味です。今ほど、何を「選択し消費するか」が問われている時代は無いと思います。

私自身は学者ではありませんので一人の生活者・親としての視点で、今生きていることの手ごたえを実感しつつ楽しめる・取って置きの場所のリスト、を皆さんに紹介させてもらえたらと考えています。

資料の準備等がありますので、参加希望の方は以下フォームにて事前申込下さい。

「2018年パーマカルチャー&オルタナティブ京都案内」

2018年3月2日(金) 10:15-12:00
【 会場 】  明倫自治会館ホール(元 明倫幼稚園。京都芸術センターのお向かい)
【 参加費 】 おとな500円こども無料
【主催・問い合わせ】
明倫こども広場 (明倫自治連合会めいりん倶楽部加盟サークル)
担当: 吉永  hatmiugmail.com (★を@に)

【申込】下記フォーム or QRコード (orメール)でご予約お願いします
https://goo.gl/forms/kHTZQUWZ3LTFgBDt1

20180302オルタナティブ京都案内

イベント詳細(明倫こども広場記事):http://meirinkids.blogspot.jp/2018/02/322018.html

ブログでのイベント詳細紹介記事:http://zisoku.com/kyoto/20180302event