今理解しておきたい新技術・ブロックチェーンの話


メルマガ読んでいただいている方には二重になるが、明日22日に中京区のmumokutekiホールで関連映画の上映会とトークイベントが行われるので再度記述。

「ブロックチェーン」って聞いた事ありますかね?

グーグルさんで検索するとウィキペキさんがいろいろ書いていてくれてますが、パッと読んで??ですな。マニュアル通り説明すると、分散型台帳技術。インターネット上の仮想通貨・ビットコインの中核を支える技術でもある。

何でも、新技術が実装されると思いがけず儲かったりする人が出たりするもの。ビットコインは初期、投資的な視点でネットビジネスやってる人の中で儲かるわ~~とかなり騒がれたらしい。が、勿論そういう視点でスゴイ、とかそういう話をここでしたいわけではない。

ある意味、ブロックチェーンは社会的な信用照会の基盤になりうる新技術である。

これが、スゴイ。

結論から書いちゃうと、今私たちが当たり前と思っているお金のあり方・国家や会社のありかたそのものが大変貌する可能性を秘めている。

話は飛ぶようであるがある意味「お金」って、「信用」を裏付けた「価値」を流通できる形にしたものですよね?

「交換価値」ともいえる。日本に住む我々は主に「円」というものを使っているが、この価値を保障しているのは日本国。今までの総体としての日本人たちの信用をバックボーンにして流通している・・・ということは日本国が信用が無い国になったら円は紙切れ同然になるかもしれない。

ということは、逆に言えば我々は国家に支配されているともいえる。私が属する社会の「場」の信用によって、私は信用されている・・国家しかり、会社しかり。大きすぎて「私」個人がどうこうできる訳でも無し。だから、一般的にはできるだけ大きい有名会社の良いポジションを巡って、沢山の人が日々切磋琢磨して場所争いをしてきたわけだ。

しかし、個人単位で「私」の信用が証明できる社会が現実化したら?

国家や、会社のあり様は一変するであろう。それを出来ちゃうようにしちゃったのが、ブロックチェーンの技術。単純に言うとインターネットという仮想空間に、あなたという個人の信用照会ができる膨大なデータを改ざん不可能な状態でストックできるようになる。

そうすると、簡単に情報が共有できるわけですね。ある程度、個人としての情報発信をネットでやっている人は仮想空間上に自分の信用照会の場をコツコツ作り上げているようなものであるが、今はネットでの情報公開は必須に近い世の中に急速になってきたように思う。これが、どうもこの技術を使うとかなり自動化されるらしいんですわ。

今は、会社や商品は先ずネットで検索される時代。ネット上に存在しなければ無いと思われてしまうくらい、インターネットによる情報検索がスタンダードになってきた。新技術の便利さは良くも悪くもであるが、この流れはまぁ止められないと思う。

ピラミッド型の社会構造がすごい勢いで崩壊しつつあるのを今、感じている人は多いと思う。ブロックチェーンが指し示す世界は、まるで曼荼羅のように3次元的・4次元的にあるゆる人が繋がってくようなイメージ。

ビットコインのようなお金の世界だけではなく、例えば音楽の世界などではもう実装されつつあるらしい。いくらでもコピーできたり、著作権業界のピラミッド構造などでいろいろ大変そうな音楽業界であるが、Dot Blockchain(dotBC)プロジェクトのように、ある意味作り手の直販のような形がスタンダードになれば音楽家の仕事の仕方は一変するような気がする。

多分これからはあらゆる分野で、同様なプロジェクトが次々立ち上がっていくような予感がする。なかなか現実化が難しかったローカルな直取引が、簡単に行えるようになる可能性を秘めている。今まで「場」を所有することによって自動的に儲かっていた「資産家」の立場の人って、ブロックチェーンが社会基盤のスタンダードになった世の中になったらどうなるんやろ?

・・という疑問も私は持っているのだが。

上記は今の段階でのブロックチェーンに関する私の理解なので、どっか間違っているかもしれない(汗)。初心者向けに分かりやすく解説しているウェブページもあるので、是非見ていただきたい→ゼロから学ぶブロックチェーン

明日のmumokutekiのホールでのイベントは、必見かと。第一部は「マジックマネー」の映画上映、第二部は最近TV出演もして御活躍の経済評論家の岩本沙弓さんが今回上映される映画プロデューサーの韓元徳さんとの対談。「インターネット」の台頭以来のインパクト、という「ブロックチェーン」。今知っておきたいこのキーワードをいち早く正確に理解したい、カンの良い人はぜひどうぞ。

7/22(土) 13:00-16:00 ビットコインとブロックチェーンが変えていく未来

開催会場:mumokutekiホール(京都市中京区式部町261 mumokutekiビル3F)
参加費用:¥1,000(税込み)

・イベント第一部:映画「Magic Money」上映と関連する質疑応答
席は50まで。正式予約された方を優先に当日は先着順。正式予約フォーム https://reserva.be/bc2onfuture

・イベント第二部:同映画プロデューサー韓元徳さんと経済学者の岩本沙弓さんによるトークセッション

詳細はFBイベントページを参照:https://www.facebook.com/events/1681723185454554

当日お問合せ:090-8758-2039(大東)

 

 


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です