京都発自給自足的シンプルライフ入門

zisoku.comは2011.3.11の震災を契機に、世の中の仕組みの問題点に気がついた人のためのサイトです

京都への自主避難者向け情報


東日本から京都に自主避難移住したばかりの人、又は移住希望者にオススメの情報の入手場所について。

このzisoku.comの運営者のゼンバヤシも東京からの母子避難移住者ですが、今現在は移住関係の人が集まっている会には入っておりません。元々自然育児友の会に入っていた時に沢山の情報をそちらから戴いて、直接支援活動をしている方とお会いする機会が多く、すでにFB等で繋がっているからです。

最初に単身京都に移住してきた人にとって問題となるのは、どうやって地元の人との繋がりを作っていくか・・ということだと思います。
子どもが居れば子どもの行く学校の関係から人脈は自然に出来てきますが、そういうものがないと中々人の繋がりを作るのは大変だと思います。

最初の最初は、先ず生活の場所と仕事を決めるのが大事になってくると思います。
京都府は福島県からの移住者支援を積極的に行っているので、福島県から避難移住されている方は支援対策総合相談窓口に相談されるのもいいと思います。

東京などの他のエリアの在住・出身者の方は京都移住計画さんのHPから、こちらが企画する各種イベント・仕事情報にアクセスするのが一番早く確実・便利ではないかと思います。(ただし京都移住計画さんは食品の放射能汚染・食品添加物に関しての意識はあまりないようです。出てくる茶菓子などは通常流通のものなので、内部被爆に注意が必要です。)

京都市内に住むようになったら、京都市の中の「区」が地域活性化の為に行っている集まり・イベントに参加出席してみてください。自営業者などで情報を沢山持っている人に比較的簡単に知り合うことが出来ます。左京区なら「左京朝カフェ」、中京区なら京・みつばちの会があります。参加確認していませんが、京都市未来まちづくり100人委員会 というものもあるので、こちらの集まりに参加するのもいいとおもいます。

また私自身が作成した「京都オーガニックグルメマップ」の店舗のオーナーさんは、比較的放射能に関する勉強を自主的にしている方が多いです。行きつけになれば、店主との会話もはずむ関係になるのが京都のいいところ。店舗に置いてあるフライヤーなどで地元情報を自主的に集めるのもいいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 



公開日:
最終更新日:2016/09/27